新・価値のあるお買い物日記

世の中の「価値のあるもの」に注目してみます。Apple製品やあらゆる家電製品、ライフハックに関する様々なコンテンツを配信していきます。

カーシェアリングサービス最新比較!1番お得で便利なカーシェアリングは、タイムズカープラスとカレコ・カーシェアで決まり!

f:id:advantaged:20160911144737p:plain

カーシェアリング、利用してますか?

私は7年前の上京をきっかけに、クルマを手放し、タイムズカープラスを4年間使い倒していますが、こんなに便利だとは思っていませんでした。どうもこの傾向は社会情勢と一致しているらしく、警視庁の調査によると、首都圏に居住する20代〜30代の男性のクルマ保有率は20%という結果が出ているそうです。つまり、5人に4人は自動車を持っていないことになります。

一方で、どこぞの財団法人による調査結果では、国内のカーシェアリング車両ステーション数は約10,000カ所(前年比14%増)、車両台数は約20,000台(同20%増)、会員数は約85万人(同24%増)と、若者のクルマ離れと見事に反比例しています。

f:id:advantaged:20160911150143g:plain

出典:わが国のカーシェアリング車両台数と会員数の推移(2016年3月調査):公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

地方在住で、自動車が毎日の通勤の足であれば別ですが、首都圏やJR・地下鉄・バス等のインフラが充実している所では、むしろクルマは贅沢品に部類されます。

個人的に最近1番びっくりしたのは、自動車の稼働率、つまり「動いている時間」を計算すると、1年間でたった4.2%ということ。言い方を変えれば、1年のうち95.8%は「クルマが動いていない」ということです。これは「都会だけの話」ではない点が驚きです。

たった4.2%の稼働率のために、毎月平均していくらの出費をしているのだろう?

ざっくり計算すると、軽自動車で23,000円/月普通車(3ナンバー)で37,000円/月、さらにこの金額に車両本体のローンがかかるため、+4万〜5万/月といった所でしょうか。年間合計で約70万〜105万円が自動車の維持費として消えていることになります。
※駐車場を1万/月、走行距離を1万キロ/年で計算した場合

そんな中、4年前の2012年にご紹介した以下のカーシェア記事が大反響を呼びました。

2012年から4年が経った今、カーシェア市場は更に拡大し、各社のサービスも様変わりしてきました。今回はそんなカーシェア市場を踏まえ、1番お得で便利なカーシェアと、その理由についてご紹介したいと思います。

続きを読む

【保存版】iPhone7 / 7 Plusが手元に届くまでに入手しておきたい7つのアクセサリー・周辺機器

f:id:advantaged:20160910125001p:plain

iPhone 7 / 7 Plusがいよいよ、2016年9月16日(金)に発売されます。

iPhone 7をお得に機種変更する裏技を確認したり、ストレージ容量・カラー選びに迷っている人も多いと思いますが、何かお忘れではないですか?そう、アクセサリーです。

ご存知の方も多いと思いますが、iPhone 7 / 7 Plusを購入すると、同梱物として以下が入っています。

  • iOS 10を搭載したiPhone
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
  • Lightning - USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル
  • 外箱
  • SIM取り出しツール(キャリア購入時のみ)

アクセサリーって、イヤフォンもあるし充電用のLightningケーブルもUSB電源も同梱されてるし、十分でしょ?とお思いの方も多いのではないでしょうか。

実はここが盲点なんです。iPhone 7に機種変更する人は、恐らくiPhone 6以前のiPhoneを持っている人がほとんどですが、このiPhone 6以前の機種を最も高く売れる条件として、「外箱を含めた付属品が全て揃っているか」が重要なってきます。

iPhoneを最も高額で買い取ってくれるiPhone55(アイフォンゴーゴー)では、付属品の有無で最大3,125円の査定額マイナスになってしまいます。例えば、iPhone 6 64GB(スペースグレイ)の買取価格を付属品の有無による差異を見てみると、以下のようになります。

機種名使用状態不足品買取価格
iPhone 6
64GB
(グレイ)
使用感が若干ある
(残債なし)
なし 16,900円
・EarPods(イヤフォン)
・Lightningケーブル
・USB電源アダプタ
16,055円
・EarPods(イヤフォン)
・Lightningケーブル
・USB電源アダプタ
・外箱(内箱含む)
15,252円
・EarPods(イヤフォン)
・Lightningケーブル
・USB電源アダプタ
・外箱(内箱含む)
・取扱説明書
・保証書
13,765円

この買取価格差は、ヤフオク!でiPhoneを売る時にはさらに拡大し、付属品の有無によって平均5,000円前後のマイナスになってしまいます。

私の経験上、ヤフオク!ではiPhoneを手にとって確認できない分、付属品や外箱をキレイに保管しているかどうかで、出品者がスマホを乱暴に扱っていないかどうかのバロメーター(判断材料)として見ている事が多いです。入札側の心理としては当然ですよね。

そんなわけで、iPhoneは購入したら本体以外は触らない事が最良の選択と言えます。そうなると、LightningケーブルやUSB電源アダプタを別途用意しないといけないわけですが、多数あるiPhoneアクセサリーでどれを買えば良いか、間違いなく迷います。

そこで、初代iPhoneから毎年iPhoneを買い換えている@umame4の経験上、最もコスパの高い7つのアクセサリーおよび周辺機器を今回はご紹介したいと思います。

続きを読む

【確認済み】SoftBank・au・docomoのMNP引き止めポイント(通称:コジ割)でiPhone7への機種変更を最大4万円得する裏技

f:id:advantaged:20160909003141p:plain

iPhone7が発表され、防水やモバイルSuicaに対応したことで、もう機種変更を決めた方も多いのではないでしょうか。一方で、人柱の方々のレビューが揃った時点で、iPhone7を購入するという方も多いはず。そんな方々に朗報です!

iPhone7ですが、当ブログで紹介してから一気に拡散した「MNP引き止めポイント(通称:コジ割)」もその対象である事が確認できました。つまり、MNPによるキャリア変更を行わないと大損という昨今の機種変更事情がガラッと変わってしまうことを意味しています。

そこで今回は、その超お得かつほぼ裏ワザと呼ぶに相応しいMNP引き止めポイント(通称:コジ割)のやり方をおさらいしていきましょう!

キャリアを変更しない機種変更とMNPの金額負担差はいくら?

f:id:advantaged:20160909011627p:plain

通常、iPhone7を安く購入するには以下の条件しかありません。

  1. iPhone7を新規契約またはMNPで契約する
  2. 1日でも早くMNPをして、現在使用している端末(特にiPhone)をヤフオクで売る

1.は言うまでも無いですが、SoftBank・au・docomoの3キャリア全てがMNPによる機種変更に対し、通常の機種変更よりも安値になるプランを用意しています。

各キャリアの iPhone 7 / 7 Plus端末価格

具体的に見ると、各キャリアがMNP/新規の契約者に毎月の利用金額から費用を割引く月月割に力を入れており、同容量で機種変更よりおよそ1万円安く購入できます。

まずはiPhone7がこちら。

(税込)SoftBank / iPhone 7
MNP/新規機種変更
32GB128GB256GB32GB128GB256GB
端末総額 8万8080円 9万9840円 11万1840円 8万8080円 9万9840円 11万1840円
月月割 -7万7280円(-3220円×24回) -7万7520円(-3230円×24回) -7万7640円(-3235円×24回) -6万7560円(-2815円×24回) -6万7800円(-2825円×24回) -6万7920円(-2830円×24回)
実質価格 1万800円(450円×24回) 2万2320円(930円×24回) 3万4200円(1425円×24回) 2万520円(855円×24回) 3万2040円(1335円×24回) 4万3920円(1830円×24回)
(税込)au / iPhone 7
MNP/新規機種変更
32GB128GB256GB32GB128GB256GB
端末総額 7万9200円 9万720円 10万2600円 7万9200円 9万720円 10万2600円
毎月割 6万8400円(-2850円×24回) -5万8680円(-2445円×24回)
実質価格 1万800円(450円×24回) 2万2320円(930円×24回) 3万4200円(1425円×24回) 2万520円(855円×24回) 3万2040円(1335円×24回) 4万3920円(1830円×24回)
(税込)docomo / iPhone 7 Plus
MNP/新規/機種変更
32GB128GB256GB
端末総額 8万2296円 9万3960円 10万5624円
月々
サポート
-5万5728円
(-2322円×24回)
-5万5728円
(-2322円×24回)
-5万5728円
(-2322円×24回)
実質価格 2万6568円
(1107円×24回)
3万8232円
(1593円×24回)
4万9896円
(2079円×24回)

docomoだけはMNP、新規、機種変更の価格が全て一緒ですね。

続けて、iPhone7 Plusがこちら。

(税込)SoftBank / iPhone 7 Plus
MNP/新規機種変更
32GB128GB256GB32GB128GB256GB
端末総額 9万9840円 11万4000円 12万6000円 9万9840円 11万4000円 12万6000円
月月割 -7万5360円(-3140円×24回) -7万7640円(-3140円×24回) -7万7760円(-3240円×24回) -6万5640円(-2735円×24回) -6万7920円(-2830円×24回) -6万8040円(-2835円×24回)
実質価格 2万4480円(1020円×24回) 3万6360円(1515円×24回) 4万8240円(2010円×24回) 3万4200円(1020円×24回) 4万6080円(1515円×24回) 5万7960円(2415円×24回)
(税込)au / iPhone 7 Plus
MNP/新規機種変更
32GB128GB256GB32GB128GB256GB
端末総額 9万2880円 10万4760円 11万6640円 9万2880円 10万4760円 11万6640円
毎月割 -6万8400円(-2850円×24回) -5万8680円(-2445円×24回)
実質価格 2万4480円(1020円×24回) 3万6360円(1515円×24回) 4万8240円(2010円×24回) 3万4200円(1020円×24回) 4万6080円(1515円×24回) 5万7960円(2415円×24回)
(税込)docomo / iPhone 7 Plus
MNP/新規/機種変更
32GB128GB256GB
端末総額 9万6552円 10万8216円 11万9880円
月々
サポート
-5万6376円
(-2349円×24回)
-5万6376円
(-2349円×24回)
-5万6376円
(-2349円×24回)
実質価格 4万176円
(1674円×24回)
5万1840円
(2160円×24回)
6万3504円
(2646円×24回)

iPhone7(SIMフリー)のApple Store販売価格を見ると、キャリアの実質金額がどえらく安いということを改めて認識させられます。また、auとdocomoのみ特別なクーポンを発行しているので、後述したいと思います。

(税込)32GB128GB256GB
iPhone 7 7万8624円 9万504円 10万2384円
iPhone 7 Plus 9万2664円 10万4544円 11万6424円

全体をまとめると、対象の差はあるものの、通常の機種変更よりもMNPのほうがおよそ1万円程安く購入できることがわかります。しかし、忘れてはいけないのがMNPを行う際に発生する費用です。MNPには以下の金額が必要になってきます。

転出事務手数料 2,160円
新規契約事務手数料 3,240円
契約解除料金 10,260円
合計 15,660円

もし、今月がキャリア更新月(契約後24・25ヶ月目、48・49ヶ月目)であれば、契約解除手数料は不要になりますが、そうなれば5400円だけMNPがお得になる計算です。

これで安心してMNPができると考える人が多いと思いますが、この状況をひっくり返す裏技が存在します。それがMNP引き止めポイント(通称:コジ割)です。

MNP引き止めポイント(コジ割)が2015年に登場して状況はどう変わった?

iPhone6 / 6 Plusが発売されて2年が経過し、MNP引き止めポイントの実績が着々と集まってきており、その傾向が明らかになってきました。

ちなみに、MNP引き止めポイント(通称:コジ割)とは・・・

SoftBnak、au、docomoの各キャリアでMNP番号の発行申請を電話で行うと、他社にMNP(移行)しないでくれたら3万円分の機種変更に使えるポイントを付与します、といった案内がなされる非公式サービス。
ポイントは1万〜3万円分と幅があり、貰えない場合もある。しかし、複数回チャレンジすると2回目、3回目で付与されるなどといった実績もあり。条件は不明だが、長期契約者は概ね3万円分のポイントが付与される傾向がある、そんな知らない人は大損してしまう超お得な裏技。

機種変更よりもMNPがおよそ2万5千〜3万3千円ほどお得な状況下で、機種変更で使える3万円分のポイント付与はこの状況を一転させ、機種変更とMNPどちらであってもお得度合いは変わらなくなってしまいました

むしろ、キャリアメールアドレス(~@docomo.ne.jpなど)変更不要で、かつ家族割などに加入している可能性を考慮すると、機種変更のほうがよっぽどお得と言えます。

というわけで、更新月を見逃した方も、冬のボーナスで機種変更を計画しているサラリーマンさんもMNP引き止めポイントで快適なiPhone6sに乗り換えてしまいましょう。

MNP引き止めポイントの入手方法

各キャリアのMNP引き止めポイントの入手方法を簡潔にお伝えします。

SoftBankの場合

f:id:advantaged:20151026021443j:plain

  1. SoftBankケータイから「*5533」(通話無料)に電話
  2. ナビダイヤルに従い「2→1→#→契約時の4桁の暗証番号」を入力
  3. オペレータに「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝える
  4. 「差し支えなければどちらに転出するか教えてほしい」と聞かれるので、「au」と伝える。理由も聞かれたら「自宅にauひかり回線があるのでお得になるから」と伝えてOK
  5. 「もしSoftBnakに残って頂けるのであれば◯万円のポイントをお付けできますが」と提案されるので、「それであれば一度検討するのでお願いします」と伝え、電話を切る
  6. こちらのサイトからiPhone6s / 6s Plus(またはその他の最新機種)をオンラインで購入し、自宅受け取りを指定する

以上です。一般電話からの場合は「0800-100-5533」(通話無料) でも同じやり取りが可能です。

実際には、4.と5.の間に「MNPの転出にかかる費用を確認するので、しばらくお待ち下さい」と言われ通話保留にされます。この間に引き止めポイントの対象となるかオペレータは確認しているようです。

ちなみに、5.の際にはもう1つ「また24ヶ月間、月々の利用料金から1000円割引するクーポンのどちらかをお付けできます」と言われますが、3万円以下のMNP引き止めポイントであれば明らかに前者のほうがお得なので迷わずそちらを選びましょう。

SoftBankはほとんどのユーザが3万円分のポイントをGETできているようです。早速チャレンジしてみましょう。もし引き止めポイントの話をされずにMNP予約番号を発行された場合は、同じ番号に電話するとキャンセルできるので、また何度か日を置いてチャレンジ してみることをオススメします!

auの場合

f:id:advantaged:20151026021454j:plain

方法はSoftBankと同様です。

  1. auケータイから「157」(通話無料)に電話
  2. ナビダイヤルに従い「3」→「2」を入力するとオペレータに繋がる
  3. オペレータに「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝える
  4. 以下、SoftBankと同じやり取りをオペレータとする
  5. こちらのサイトからiPhone6s / 6s Plus(またはその他の最新機種)をオンラインで購入し、自宅受け取りを指定する

一般電話からの場合は「0077-7-5470」(通話無料) でも同じやり取りが可能です。繋がりにくい場合はこちらを試してみましょう。

auは契約期間が10年を超えていると3万円分のポイントが付与され、10年未満だと1万5千〜2万円とウワサされています。

auは、3キャリアの中でも最も安いプラン契約が可能で、auひかりを契約されている方もしくはこれから契約を予定されている方であれば3キャリアで最もお得になるので個人的には1番オススメです。

docomoの場合

f:id:advantaged:20151026021503j:plain

方法はこちらもSoftBank、auと同様です。

  1. auケータイから「151」(通話無料)に電話
  2. ナビダイヤルに従い「4」→「2」を入力するとオペレータに繋がる
  3. オペレータに「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝える
  4. 以下、SoftBankと同じやり取りをオペレータとする
  5. こちらのサイトからiPhone6s / 6s Plus(またはその他の最新機種)をオンラインで購入し、自宅受け取りを指定する

docomoはオンラインショップでXi→Xi(クロッシィ)の機種変更であれば、通常店舗であれば2000円の事務手数料が必要なところ、0円で機種変更が可能ですので必ずオンラインショップで購入するようにしましょう!

またdocomoは店舗受け取りすると、余計なオプションに半ば強制加入させられたり、待ち時間が数十分に及ぶことが多々あるため、必ず自宅受け取りにすることをオススメします。機種変更手続きはパソコンの知識が全くない私の妻でも簡単にできたくらいなので、ご安心ください♪

さらにお得な情報があります!

実は、MNP引き止めポイントとは別に、各キャリアが利用者の更新月あたりを狙って配布しているクーポンが存在します。

具体的には、以下のようなクーポンなのですが、こちらはなんと!MNP引き止めポイントの併用が可能であることが確認できました!

auキャッシュバッククーポン(最大1万円分)

f:id:advantaged:20151026014910j:plain

f:id:advantaged:20160910010258j:plain

docomo機種変更限定クーポン券(最大5400円分)

f:id:advantaged:20160910010050j:plain

さらに機種変更ではなくMNPでdocomoに転入を検討している方は、docomoが専用でも受けたこちらからサイトから購入した場合のみ使える、限定クーポンを発行しています。docomoで機種変更を検討中の人は、これを利用することで3キャリア中最安値でiPhone 7 / 7 Plusを購入できます

f:id:advantaged:20160914185658p:plain

シリアルナンバー:316017068437

をオンラインショップの購入画面で入力すればOKです!お見逃しなく。

ちなみに、あいにくSoftbankの機種変更限定クーポンは今のところ確認できていません。。

ご覧の通り、各キャリアのクーポンは最低5千〜最大1万円分となっており、運良くお手元に届いている方は併用できるので、MNP引き止めポイントと合わせると最大4万円分もお得に機種変更できる最強の裏技になります。

それでもなお、MNPをされたい方は、MNPでも最大限お得に機種変更できる裏技もあります!こちらのエントリーも是非ご覧ください。

MNP引き止めポイントでお得に機種変更しよう!

安倍総理から携帯料金の引き下げを指示されているキャリアからすれば、こんなお祭り割引ポイントなぞ、いつ廃止になってもおかしくありません。

iPhone7に機種変更をお考えの方は今すぐご自身がMNP引き止めポイントの対象となっているかを確認し、すぐに機種変更することをオススメします!

最大3万円の引き止めポイントが付与されることを願っています!

SoftBnakaudocomo

iPhone6ユーザ・MVNO予定者必見!iPhone7/7 Plusに機種変すべき3つの理由

f:id:advantaged:20160908001954p:plain

いよいよ、アップルは日本時間9月8日午前2時にiPhone7 / 7 Plusが発表されました。

昨年発売のiPhone6sが、SIMロック解除が総務省により義務付けられる、日本で1番最初のiPhoneだったということもありますが、iPhone6ユーザにとって昨年はまだ契約して1年未満ということもあり、すぐにMVNO(格安SIM)に乗り換えられなかった人も多いのではないでしょうか。そんなiPhone6ユーザにとって、今回の新型iPhone7の発売が一際大きなイベントであることは言うまでもありません。

中でもこれまでiPhone6を使い続け、この9月でちょうど契約後2年間(25ヶ月目または26ヶ月目)となるiPhone5sユーザにとっては、更新月により解約金・違約金が不要となる唯一の2ヶ月間であり、これを機にMVNOへと乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

そんなiPhone6 / 6s Plusユーザ・MVNOをこれから始めようと考えている方が1番気になる「iPhone7 / 7 Plusに機種変すべきなの?」については、違いなく機種変すべきです!その3つの理由をご紹介しましょう。

続きを読む

【iPhone利用者必見】お金と時間の節約術!帰省や旅行で利用する新幹線切符を最安値で購入するたった1つの方法

f:id:advantaged:20160502231429p:plain

2016年も半ばを過ぎました。

ちょっと前はGWもあったりして、人によっては10連休なんて方もいるようで羨ましい限りですが、私もこの連休は実家に帰省してゆっくり過ごしました。そんな繁忙期の帰省にあたっては毎回2つ気になることがありました。

  • 新幹線の予約がちゃんと取れるか?
  • 往復でいくらになるのか?

これは繁忙期に新幹線を使って帰省されたことがある方なら誰もが気になっていることでしょう。JRの発表によれば、北陸新幹線(東京→富山)の指定席のみの「かがやき」で全線満席、自由席のある「はくたか」で乗車率130%だったとのことです。2時間以上立ちっぱなしはさすがにキツイですよね。

結論から言うと、毎回窓口で帰省の切符を購入している方は、かなりのお金と時間を損しています。また、「えきねっと」や「e5489」を利用している人も同じく損をしていますよ!

そんなわけで今回は、繁忙期でも、そうでない時期でも、ほぼ確実に予約が取れて、どんな予約方法よりも最安値で新幹線切符を購入するたった1つの方法をご紹介します。しかも、iPhone利用者にとっても必見の内容になっていると思うのでお見逃しなく!

続きを読む

MVNO徹底比較!iPhone SEでスマホ維持費を1600円に抑えるには今が絶好のチャンス!

f:id:advantaged:20160403022444p:plain

iphoniPhone SEがとうとう発表され、2016年3月31日(木)に発売が開始されました。

今回のiPhone SEの注目点は4インチであるにも関わらず、ハイエンド機種であるiPhone6sとほぼ同等の性能である事だが、本当の注目点はその本体価格です。Apple Storeからの購入(SIMフリー)だと以下の通りです。

容量iPhone 6siPhone SE差額
16GB 8万6800円 5万2800円 3万4000円(39%)
64GB 9万8800円 6万4800円 3万4000円(39%)

ご覧の通り、16GB、64GBともにiPhone 6sと比較してiPhone SEは3万4000円も安く(約40%安く)購入することができちゃいます。

もはやこの事実だけでも、4.7インチの大画面を必要としないユーザー(特に手の小さな助成)かつ、現在iPhone5または5sユーザーにとってはiPhone SE非常に魅力的と言えます。

そんな中、各キャリアからiPhone SEの価格と料金プランも発表されました。各社キャリアとApple直販の本体価格を比較するとざっとこんな感じになります。 

iPhone SEソフトバンクauドコモApple
16GB 5万6880円 5万6880円 5万2800円 5万2800円
64GB 6万9840円 6万9480円 6万4800円 6万4800円

かつて、SIMフリー携帯は最も価格が高いと言われてきましたが、iPhone SEではなんとApple Store(Apple直販)で買っても同じ価格かそれよりもお得という驚きの事実となっていました。

SIMフリーiPhone SEを購入してMVNO(格安SIM)を契約すれば、トータルコストもグンと下げることが可能になります。これまで大手キャリアに毎月7000円以上を支払ってきた方も、この絶好の機会にMVNOに切り替えて、毎月のスマホ維持費を2000円以下にできます。

今回は、具体的にどれだけお得になるのか徹底比較してみたいと思います。

続きを読む

待望の4インチで登場!iPhone SEへの機種変更を最大3万円引きの最安値で購入するたった1つの方法

f:id:advantaged:20160320005341p:plain

「3D Touchのみが搭載されない、iPhone6s」と呼ばれる、通称iPhone SEの登場まで間もなくです。

iPhone SEを魅力に感じている人たちはもちろん、iPhone5 / 5sユーザーでしょう。日本人の小さな手に馴染む4インチ液晶が要因で、大画面のiPhone6 / 6sに機種変更できなかった利用者たちにとって、これ以上の朗報はないでしょう。

リアルタイム速報や、お祭りはギズモードさんやTouch Labさんにおまかせするとして、こちらでは数百人以上からの報告実績を元に分析した、MNP引き止めポイント(通称:コジ割)を用いることにより最大3万円以上お得に機種変更する方法をご紹介しましょう!

iPhone5 / 5sユーザーは、機種変更してから3年以上が経過していますから、引き止めポイントを入手できる確率がグンとあがります。コレを知らない大損しますよ!

続きを読む