読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・価値のあるお買い物日記

世の中の「価値のあるもの」に注目してみます。Apple製品やあらゆる家電製品、ライフハックに関する様々なコンテンツを配信していきます。

エアコンのカビ汚れ・臭いを1発解決!家庭でできる最強のエアコンクリーナー「アクアイオンマジック」登場!

f:id:advantaged:20151123195503j:plain

エルニーニョ現象により冷夏・暖冬と報道がありましたが、見頃に裏切られた2015年夏。気温は各地で35度を超す猛暑、猛暑、猛暑!!うわぁぁぁあああ!!!

半年または1年ぶりにエアコンのスイッチを入れた方も多いと思いますが、あれ?クンクン…うわっ臭い!!なんて事になっているご家庭はどこも同じ。私の家もそうでした(汗)

半年以上放置・蓄積されたホコリ・カビ・菌が一気に部屋の中に入り込んでいる状況であっても、涼しくなるなら少し臭いくらい…なんて人も多いと思いますが、この状況をそのままにしながら、またエアコンを使う暖房の時期がやって来ました。

実は蓄積されたホコリ・カビ・菌を除去しないまま使用し続けた場合、1番体に悪影響を及ぼす季節がエアコン暖房を使う冬なのです。理由は、夏場はエアコンの室内機が結露することで、アルミフィン(フィルターの奥にある格子状の金属部分、いわゆる熱交換器)に付着した汚れが逆に落ちる作用として働くため、むしろエアコンの室内機がキレイになるとさえ言われています。

では何故、暖房の時期がダメかというと、夏季に使っていた時にエアコンの室内機が結露し、そのままの状態でシーズンオフを迎えたことで、室内機に付着した水分にホコリや汚れが付着し、そのままカビとなり硬化していき、こびり付いたカビ汚れとなってしまうのです。

f:id:advantaged:20151123195811j:plain

でも安心してください。実はこのカビ汚れや嫌な臭いは、ご家庭にいながら簡単に除去することができるんです!

方法はいわゆるエアコンクリーナーを利用するわけですが、このエアコンクリーナーは国内でも10種類以上存在しており、どれを使っていいのかわからないのが実状です。先に結論を言うと、実は使ってはいけないエアコンクリーナーなんてものも存在していたりします

今回は様々なエアコンクリーナーを試してみた私が選ぶ、本当に価値のあるエアコンクリーナーをご紹介することにしましょう!

エアコンクリーナーの役割をおさらい 

f:id:advantaged:20151123200532j:plain

エアコンは空気の屋内の空気の循環を行いながら動作するわけですが、具体的には上図のA(エアフィルター)からB(アルミフィン)を通って、C(クロスフローファン)に向かうように吸気されていきます。

部屋の中の空気をこのA(エアフィルター)でキレイにしているのですが、ここで取れきれなかった微細なホコリや汚れはアルミフィンに到達してしまいます。本来このアルミフィンは(細かな説明は省略しますが)空気をキレイにする事が役割ではなく、熱交換、つまり冷房と暖房を出すためのコアとなる制御を行っているため、汚れが付着するとその性能が落ちてしまいます。さらに、空気の循環も悪化するため効率的な熱交換ができず、大幅な電気代の増加を招く要因にもなります。

エアコンクリーナーは、このアルミフィンに付着した汚れを取り除き、エアコン本来の性能・省エネ性を発揮させるために必要なクリーニング用具なのです。

最強のエアコンクリーナー「アクアイオンマジック」とは?

エアコンクリーナーはホームセンター等で販売していますが、その中には使ってはいけないものも存在していたりします。ざっと比較してみましょう。

 
くうきれい

シュ!シュ!

アクアイオンマジック
内容量 ムース230ml
リンス260ml
420ml 400ml
液性 アルカリ性 アルカリ性 弱アルカリ性
成分 界面活性剤
増粘剤
電解アルカリ水
ケイ酸塩
電解アルカリ水
Ag+(銀抗菌剤)
効果 洗浄
除菌
消臭
洗浄
除菌
消臭
洗浄
除菌
抗菌
消臭
価格 約1,580円/セット 約1,300円/本 約1,600円/本
おすすめ ★★ ★★★

一見して「くうきれい」がオススメのようにも見て取れますが、くうきれいには界面活性剤が使用されているため、万が一目や口に入ってしまった場合に有害です。さらにくうきれいは洗浄を行うムースと、すすぎ役のリンスとがセットとなっているのですが、後者のリンスがあまりにも量が少なく、結果的に数本(具体的にはあと2本ほど)追加購入しておかないと足りません

さらにエアコン内部クリーナー シュ!シュ!ですが、こちらはいわゆる電解水のみの有害物質を含まないエアコンクリーナーであることがウリなのです。しかし、洗浄の効果は今ひとつといった口コミが多く、また抗菌効果もありません。1本あたりの容量が多いので、若干の汚れを落としたい程度であれば問題ないですが、あえて選択する商品ではないでしょう。

そこで最も優れた性能を持つのが「アクアイオンマジック」です。

くうきれいに含まれる界面活性剤は一切含まず、電解アルカリ水のみを使うため万が一口に入っても有害ではありません(ただし、目などに入ってしまった場合はすぐに洗い流し、最寄りの眼科に見てもらいましょう)。さらに銀抗菌剤によるAg+効果もあり、洗浄後の抗菌・消臭にも一役買います。また、独自のジェットノズル構造により、アルミフィンに固く付着した汚れも一気に落としてしまう性能があります。

具体的なアクアイオンマジックの性能紹介動画はこちらからご覧ください。
動画のダイジェストを以下でもご紹介します。

f:id:advantaged:20151129223248j:plain

通常の電解アルカリ水だけをスプレーした様子。何度ふりかけてもアルミフィンに付着した汚れは表面部分しか落ちません。

f:id:advantaged:20151129223249j:plain

次はアクアイオンマジックをスプレーをして背面から見た様子。スプレーした表の一部の汚れしかとれなかった通常の電解アルカリ水のスプレーと比較し、背面に付着した汚れもジェットノズル効果により根こそぎ除去してくれています。

f:id:advantaged:20151129223250j:plain

アクアイオンマジックでスプレーした部分とそうでない部分との違いは一目瞭然。

f:id:advantaged:20151129223252j:plain

アクアイオンマジックで右半分だけをクリーニングした結果です。

f:id:advantaged:20151129223247j:plain

結果は見違えるほどキレイになっていることがわかります。これがアクアイオンマジック1本だけで実現できてしまうんです。

実際にアクアイオンマジックを使ってみた

当ブログ「価値のあるお買い物日記」は、触って・使ってみたことのないものは紹介しません!というわけで、実際にアクアイオンマジックを購入して12年使った自宅のエアコンをクリーニングしてみたいと思います。

f:id:advantaged:20151129223749j:plain

使用したのは東芝エアコン RAS-225EDという、2005年8月の猛暑日に購入したエントリーモデルの機種です。この機種には内部乾燥というエアコン動作後に内部送風運転を2時間程度行うことで、エアコン内部の結露を乾燥させ、カビを抑制させる機能がついています(実際には気休め程度の機能なのですが汗)。

f:id:advantaged:20151129220331j:plain f:id:advantaged:20151129220334j:plain

中を開いてみて構造はいたって普通なことがわかります。プレフィルターのみがエアコンのホコリ除去を行っており、プレフィルターを貫通したホコリはそのままアルミフィン(熱交換器)に直結してしまっています。

f:id:advantaged:20151129221540j:plain

こちらがアルミフィンのアップ画像。いやぁーお食事中の方スミマセン(汗)。ホコリと茶色の汚れが付着して、いかにも臭いを放ちそうなのがわかりますね。実際に結構カビ臭い風が出てきました。。。

f:id:advantaged:20151129221721j:plain

というわけで、アクアイオンマジックを購入して使ってみたいと思います。
アクアイオンマジックには、グレープフルーツシードエキスと、茶カテキン・竹エキスが含まれており、抗菌・消臭作用をもたらしてくれます。

f:id:advantaged:20151129221750j:plain

エアコンのプレフィルターをはずし、すき間からアクアイオンマジックを一気にスプレーします。この際、エアコン本体のカバーを取り外せるようであれば取り外したほうが良いですが、あまり時間を掛けたくない人はそのままでもOKです。

f:id:advantaged:20151129221832j:plain

ノズルを引くと一気にジェットノズル効果による高圧スプレーが噴射されます。汚れが多いところを目掛けてスプレーしましょう。

f:id:advantaged:20151129221850j:plain

アルミフィン全体に噴射しましょう。エアコンは高い場所があるので、脚立などで高い位置から角度を変えながらスプレーすると尚良いです。 

f:id:advantaged:20151129221933j:plain

f:id:advantaged:20151130004549j:plain

こちらがスプレー後のアルミフィンの様子。スプレー前に付着していたホコリがほぼ全て除去できているのがわかります。これまで所要時間はおよそ10分程度です。非常に簡単にエアコンの汚れを除去することができました。

f:id:advantaged:20151129223029j:plain

ちなみにドレンからどれだけの汚れが出ているかを確認した様子がこちら。アルミフィンに付着した汚れと、その奥に付着していた汚れが混ざって一気にドレンに流れ出たのでしょう。ヘドロのようなものも一緒に出てきました(汗)

アクアイオンマジックの効果は間違いなし

今回はエアコンクリーナー「アクアイオンマジック」のご紹介でしたが、本来は2週間に一度、しっかりとエアコンのプレフィルターを掃除し、部屋のホコリを少なくすることがエアコンを長持ちさせる秘訣です。

また、後付のエアコンフィルターをエアコン本体の正面および上部に設置することでホコリの侵入を大幅に削減してくれる効果もあるので、エアコンクリーニング後や新品購入後は取り付けることをオススメします。

これからエアコンを多様する時期になりますが、1年を通じてエアコンを使う期間は9.1ヶ月あると言われています。その中でも、季節の変わり目、特にアルミフィンが結露しない冬の暖房シーズン前にはエアコンクリーナー「アクアイオンマジック」でエアコン内部を一度キレイにすると心地よくお部屋を暖められるはずですよ!

お値段も安価なので、空いた時間を活用して年末のお掃除に活用してみてはいかがでしょうか?アクアイオンマジック、超おすすめです!!

by カエレバ
by カエレバ