読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・価値のあるお買い物日記

世の中の「価値のあるもの」に注目してみます。Apple製品やあらゆる家電製品、ライフハックに関する様々なコンテンツを配信していきます。

【保存版】新型MacBook Proを購入する人にオススメしたい最強のアクセサリー5選

MacBook Pro Apple アクセサリー モバイルバッテリー 比較

f:id:advantaged:20161128030805p:plain

新型MacBook Proが、日本時間2016年10月28日(金)に発売されました。

私は13インチTouch Bar搭載モデルを注文したのですが、出遅れたせいか到着まであと2週間はありそうな感じで、ドキドキ&ソワソワしています(笑)

しかし、新型MacBook Pro(Late 2016)ユーザーはそう悠長な態度ではいられません。ご存知の通り、新型のインタフェースはMagsafe2はもちろん、USB3.0も全て取り払われ、USB-Cのみに統一されてしまいました。つまり、今までの旧MacBook ProやAirで買い揃えた周辺機器は軒並み全て利用できなくなったことを意味します。

もちろん、USB-CからUSB3.0へ変換するトングル(変換アダプタ)があれば周辺機器の再利用は可能ですが、モバイル性が一気に下がることと、何よりもスマートではない!USB-Cのインタフェースに統一された事実はどうあがいても変えられないため、この状況を打破するアクセサリーを一刻も早く見つけ出す必要があります。

そんなわけで、今回は新型MacBook Pro 2016を購入する人、または購入した人にオススメする最強のアクセサリー群を5つご紹介しましょう!

 新型MacBook Proのスペックおさらい

f:id:advantaged:20161126224912p:plain

新型MacBook Pro(Late 2016)への買い替えを1番切望していたのは、恐らくMacBook Air(Early 2014以前)ユーザーだと思われます。MacBook Airの薄型・軽量スペックが魅力で購入に至ったものの、CPUやメモリ不足が最近になって目立ち、さらにRetinaディスプレイへもそろそろ乗り換えたい、というのが大方の買い替え理由です。(何を隠そう、私がそうだからです!)

そんなわけで、まずは新型MacBook Proと、特に買い替えサイクルとして最も有力なMacBook Air(Mid 2012)を比較してみます。

 f:id:advantaged:20161127000053p:plain
MacBook Pro
(Touch Bar 搭非載)
f:id:advantaged:20161127000107p:plain
MacBook Pro
(Touch Bar 搭載)
f:id:advantaged:20161127000115j:plain
MacBook Air
(Mid 2012)
発売日 2016年10月28日 2012年6月12日
ディスプレイ 13.3インチRetinaディスプレイ
(2,560 x 1,600ピクセル、227 ppi)
13.3インチディスプレイ
(1,440 x 900ピクセル、127 ppi)
CPU 2.0GHzデュアルコアIntel Core i5
(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
※2.4GHz Core i7 変更可
2.9GHzデュアルコアIntel Core i5
※3.3GHz Core i7 変更可
1.7GHzデュアルコアIntel Core i5
(Turbo Boost使用時最大2.0GHz)
※2.0GHz Core i7 選択可
RAM 8GB 1,866MHz
※16GB 1,866MHz 変更可
8GB 2,133MHz
※16GB 2,133MHz 変更可
4GB 1,600MHz
※8GB 1,6000MHz 変更可
ストレージ 256GB 128GB 256GB 128GB 256GB
グラフィック Intel Iris Graphics 540 Intel Iris Graphics 550 Intel HD Graphics 4000
ポート

USB-Cポート × 2
※以下に対応
・充電
・DisplayPort
・Thunderbolt 3
 (最大40Gbps)
・USB 3.1 Gen 2
 (最大10Gbps)
3.5mmヘッドフォンジャック

USB-Cポート × 4
※以下に対応
・充電
・DisplayPort
・Thnderbolt 3
 (最大40Gbps)
・USB 3.1 Gen 2
 (最大10Gbps)
3.5mmヘッドフォンジャック
USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
Thunderbolt 2ポート
(最大20Gbps)x 1
MagSafe 2電源ポート
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック
ワイヤレス Wi-Fi(IEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応)
Bluetooth 4.2
Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)
Bluetooth 4.0 + EDR内蔵
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
電池持ち 最大10時間 最大7時間
バッテリー 54.5Wh 49.2Wh 50Wh
高さ 1.49 cm 0.3~1.7 cm
30.41 cm 32.5 cm
奥行き 21.24 cm 22.7 cm
重量 1.37 kg 1.35 kg
価格
(税別)
148,800円 178,800円 198,800円 98,800円
(値下げ後)
118,800円
(値下げ後)

比較表を見てわかる通り、MacBook Pro Late 2016は、MacBook air Mid 2012に比べて重量がたった20g重いだけで、寸法は全てMacBook Proがコンパクトです。

もちろんMacBook Proですから、CPUやメモリ性能はAirの比ではなく、グラフィック性能は2倍以上、Wi-Fiの11ac対応やBluetooth 4.2対応など、あらゆる面でProが凌駕しています。

f:id:advantaged:20161127002557p:plain

しかし、ただ1つだけ、ポート(拡張性)についてのみ、MacBook ProがUSB-Cが2ポートまたは4ポートしかなく、AirにあるUSB 3.0ポートやSDXCカードスロットも一切ありません。いくら機能として充電・DisplayPort・Thunderbolt・USB3.1を兼ねているとはいえ、さすがのApple信者も、これまで馴染みの無いUSB-Cポートをどのように利用すべきか困惑している人も多いことでしょう。

せっかく買い揃えた周辺機器が一気に使えなくなる、またはドングル(アダプタ変換)等を用いることで、スマートなMacBook Pro周辺をごちゃごちゃさせたくありませんよね。それを払拭するため、馴染みのないUSB-Cポートに接続するための最強アクセサリーをご紹介します。

1.USB-C急速充電器

MacBook Pro (Late 2016)を開梱すると、こんな感じに61W USB-C電源アタプタが同梱されています。

f:id:advantaged:20161127230136j:plain f:id:advantaged:20161127230138p:plain

技術的な制約でそうなってしまうのは仕方ないのでしょうが、毎回Apple製品の電源アダプタは非常に大きく、モバイル性を損なう主な要因となってしまっています。

さらにこの電源アダプタは、USB-Cポートという馴染みのない端子しか接続できない上、電源タップの形状によっては多くのタップ口数を塞いでしまう、非常にいただけない仕様になっています。

Anker PowerPort+ 1 USB-C QC3.0

そこで、自宅および出先に用に、Ankerから最近発売されたQC3.0(Quich Charge 3.0)対応のUSB急速充電器の購入を強くオススメします。

f:id:advantaged:20161127232337j:plain f:id:advantaged:20161127232340j:plain

今や、Apple製品のサードパーティ製アクセサリーとしてデファクトスタンダード(事実上の標準)となっているAnkerは、全世界に2000万人以上のユーザーがいる、元Google社員が立ち上げた一流ブランドです。

本製品は24W対応のため、61Wを必要とするMacBook Proの純正電源アダプタに対して充電速度が約60%低下してしまいますが、MacBook Proを始め、スマホではない限り短時間しか充電する時間がないというシーンは非常に少ないと思われるため、問題はありません。

むしろ、必要十分な24Wであることから、手のひらサイズのコンパクト性を高めたことで、持ち運びも躊躇することは無くなります。これだけのお得感満載で、18ヶ月間の長期保証が無料で付いてくるんですから、もう購入しない手はありません!

2016/12/16追記
本製品を購入されたmacmanさんからの情報により、製品によってはMacBook Pro2016(Touch Barなし)が充電できず、徐々にバッテリーが減ってしまう現象が確認できております。一方で、バッテリー充電が行えていることも私自身が確認しており、個体差が原因であるか真相が不明です(個人的に個体差を疑っています)。
確実に充電をされたい方は、以下の製品(Anker  PowerPort+5 USB-C)を購入サれる方が良いかもしれません。既に購入済みの方で充電ができなかった場合は、製品交換等をAnkerに相談してみましょう。
macmanさん、貴重かつ有益な情報を提供いただきありがとうございました!

Anker PowerPort+ 5 USB-C

一方で、自宅でしかMacBook Proを使用しない、または充電速度を優先したいという方は、同じくAnkerから発売されている、USB-C×1とUSB-A×4ポートを備えるUSB急速充電器の購入もオススメします。

f:id:advantaged:20161130222421j:plain f:id:advantaged:20161130222424j:plain

本体が若干大きいためモバイル性は良くないものの、USB-Aポートがあるため、お手持ちのiPhoneやAndroid端末(スマホ)の充電にも使える優れもの。

あいにく、USB-CポートをMacBook Proに繋いで、USb-Aポートに外付けHDDを接続しても、ハブ接続されてMacBook Proで外付けHDDが認識される、な〜んてことは無いのでご注意を。

本製品はトータル60W出力なのですが、USB-CポートにMacBook Proを接続した場合は45W給電として認識されることが確認されています。これは、純正アダプタの73%の充電速度に相当します。さらに電源の差込口は通常のコンセント形状なので、他のコンセントタップ口を塞いでしまう心配もありません。こちらもかなりコスパが最高ですよ!

2.USB-C & USB 3.0ケーブル

上記でオススメしたUSB急速充電器ですが、既にこんな製品をiPhoneやAndroidスマホの充電用に購入してしまっている人は多いと思います。

そんな方は、わざわざUSB-C対応の充電アダプタを購入するのは無駄です。

Anker PowerLine USB-C & USB3.0ケーブル

Ankerから発売されているUSB-C & USB 3.0ケーブルがあれば、上記のUSB-Aの急速充電器からMacBook Proに給電が可能です。63WタイプであればほぼApple純正電源アダプタと同じく、31.5Wタイプであれば純正の半分の充電速度でMacBook Proに給電が可能です。

ケーブル長は1.8mと0.9mの2種類があるため、用途に応じて選ぶと良いでしょう。MacBook Pro同梱のUSB-Cケーブルは2mのため、どちらも長さはやや短めですが、用途として十分と思われます。

さらに色違い(レッド・ホワイト)があります。もちろん、色違いによる性能差はありません。高耐久ケプラー繊維でできたケーブルなので、断線等に強いのもポイントですね!

Anker PowerLine+ USB-C & USB-Cケーブル

ちなみに、USB-C対応の急速充電器を購入された方向けに、両端がUSB-CのケーブルもAnkerより発売されています。長さが90cmタイプしかないため、何かと制約が出てきそうですが、予備ケーブルとして1本いかがですか?

3.USB-C & USB 3.0 / Micro USBアダプタ

これまでのアクセサリーは、USB-Cを用いたMacBook Proへの給電に関するものですが、既にお手持ちのUSB-Aタイプの機器をMacBook Proで利用するのは、USB-CからUSB-Aへの変換アダプタが必要です。

Apple純正 USB-C & USBアダプタ

これについては、最もシンプルなUSB-C & USB-A変換アダプタをApple自身が純正品として発売しています。Apple自身も、幅広く普及したUSB-Aの利用者が路頭に迷わないよう、配慮したのでしょうね。。

上記のアダプタがあれば、MacBook ProとiPhone(Lightningケーブル使用)も接続できるため、iTunes等によるバックアップもできます。1本持っておくと、非常に安心ですね。

Anker USB-C & MicroUSBアダプタ

さらに、AndroidスマホはMicroUSBケーブルを使用するため、USB-C & MicroUSBアダプタも必要になります。そんな方のために、同じくAnkerから変換アダプタが発売されました。しかも2個セット!価格的にも非常にお買い得感満載ですよ!

4.マルチUSB-Cハブ(ポート拡張)

単純にUSB-CとUSB-Aに変換するだけなら、上記の変換アダプタを何本も準備すれば済みますが、それってスマートじゃないですよね?

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1 マルチUSB-Cハブ

そんな方には、マルチUSB-Cハブがオススメです。マルチUSB-Cハブは、1つのUSB-Cポートを利用して、以下の端子を持つ複数の周辺機器を一気に接続できてしまいます。

  • USB-Cポート × 1
  • USB-A 3.0ポート × 3
  • HDMI 4K対応ポート × 1
  • SDカードスロット × 1
  • microSDカードスロット × 1
  • Ethernet(1000BASE-T)ポート × 1

これだけあれば、もうMacBook Proの購入を躊躇していた人も安心してUSB-Cポートだけの製品に手を出せるのではないでしょうか。

f:id:advantaged:20161128010857j:plain f:id:advantaged:20161128011022p:plain

HooToo USB-Cハブ

上記と並んで、以下のマルチUSB-Cハブもオススメです。

THNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1に対してmicroSDカードスロットと、Ethernetポートを削減した製品で、マイナーなmicroSDカードを使わない人や、無線LAN接続しかしない人にとってはむしろこちらの方がスマートでお得かもしれません。地味に、USB 3.1対応なところもポイントです!

f:id:advantaged:20161128012208j:plain f:id:advantaged:20161128012211j:plain

Satechi USB-C 3in1 コンボハブ

更に、MacBook ProとUSB-Cマルチハブまでを繋ぐケーブルすら邪魔!スマートじゃない!というジョブズ顔負けのApple信者の方は、こちらの製品なんかもオススメです。

HDMI 4KポートやEthernetポートがない点がネックですが、モニタ以外の周辺機器を接続したい方にとってはむしろ最適なアクセサリーと言えそうです。

f:id:advantaged:20161128013050j:plain f:id:advantaged:20161128013058j:plain

Apple純正 USB-C AV マルチポートアダプタ

いやいや、そんなごちゃごちゃしたのよりも、シンプルにUSB-CとUSB-A 3.0ポート、そしてHDMI 4Kポートさえあれば十分!という方は、Apple純正のUSB-C デジタルAVマルチポートアダプタがあれば安心でしょう。やっぱりApple純正という安心感は絶大です!

5.モバイルバッテリー

ちょっとスタバでMacBook Proをドヤリング!なんて方、もういませんよね?(汗)

でも、ふらっと出かけた先でノマドワーカー的にMacBook Proを出して作業したいなんて時があるのは、超薄型・軽量となったMacBook Proだからこそできる事。

Anker PowerCore+ 20100 USB-C

そんな方には、Ankerから発売された20100mAhの大容量を持つモバイルバッテリーを1つ持ち歩くのは最もスマートです。

f:id:advantaged:20161128014106j:plain f:id:advantaged:20161128014109j:plain

ざっくり計算して、13インチMacBook Proをちょうど1回分フル充電できます。ちなみに本製品のWh(ワットアワー)を計算すると以下のようになります。

20100mAh × 3.7V = 74.37Wh

MacBook ProのTouch Barなしのバッテリー容量は54.5Wh(Touch Barありで49.2Wh)なので、モバイルバッテリーの実質容量が70%程度だったとしても、74.37Wh × 0.7 = 52Whなので、十分MacBook Proをフル充電できます

本製品には、MacBook Proへの給電用のUSB-C & USB-Cケーブル(90cm)と、モバイルバッテリーの充電用にMicroUSBケーブルがそれぞれ付属するため、これ1つ買えばもうMacBook Proを気兼ねなく持ち出せます。重量は455gとなっています。

Anker PowerCore Ⅱ 20000(4Aデュアル入力)

Anker PowerCore+ 20100と争うようにして新発売された、Anker PowerCore Ⅱ 20000の最大の特徴は、2Aに対応した入力ポート(MicroUSB)が2つも付いていて、合計4Aデュアル充電により最大6時間でバッテリー本体を満充電できる点です。

f:id:advantaged:20170206153124j:plain f:id:advantaged:20170206153322j:plain

バッテリー容量はAnker PowerCore+ 20100とほぼ同じなので、MacBook Proへのバッテリー供給も十分(フル充電)できます。出力も5V/3Aなので、給電速度も同じです。

では、Anker PowerCore+ 20100と本製品では、具体的にどちらを買えば良いのか?と迷うかもしれませんが、ざっくり比較すると以下の通り。

 PowerCore+ 20100PowerCore Ⅱ 20000
発売日 2915年12月7日/td> 2017年2月6日
バッテリー容量 20,100mAh 20,000mAh
出力(給電)ポート USB-C × 1 (5V/3A)
USB-A × 2 (5V/3A)
USB-A × 3 (5V/3A)
入力(充電)ポート USB-C × 1 (5V/2.4A) MicroUSB × 2 (5V/2A×2=4A)
充電時間 約8時間 約6時間
サイズ W184 × D64 × H24mm W159 × D66 × H27mm
質量 455g 383g
付属ケーブル USB-C & Aケーブル
USB-C & Cケーブル
MicroUSBケーブル
MicroUSBケーブル×2

※赤文字が優れている箇所を示します。

上記の比較を見てもわかる通り、モバイル性を考慮するならサイズが小さく約70gも軽量なPowerCore Ⅱ 20000を選ぶのが良いでしょう。ただし、肝心のMacBook proへの給電用ケーブル(USB-C & USB-Aケーブル)が付属しないので、準備をお忘れなく!

ASUS ZenPower MAX

外出先でもMacBook Proへの給電スピードを重視したい!そんな方は、ASUSから発売された「ASUS ZenPower MAX」がオススメです。

f:id:advantaged:20161130233058j:plain

新型MacBook Proの61W給電とほぼ同じの60W給電が可能なうえ、26,800mAhの大容量につき新型MacBook Proをまるまる1回以上フル充電が可能です。

もちろんMacBook Pro以外にも給電できるよう、USB-Aポートもあるうえ、旧来のノートPCにも接続するための、ACプラグへの変換コネクタもいくつか同梱されています。本体への充電も約5時間半ほどで満充電になるため、出張前にさっと充電しておけば、すぐに持ち出せる優れものです。

f:id:advantaged:20161130233533j:plain

持ち運び用のモバイルポーチ付きなので、おしゃれさんにも請け合いです。

f:id:advantaged:20161130233536j:plain

値段はAnkerと比べてややお高めですが、外出先に充電できる場所が無い場合は、こちらを備えておけば怖いものなしでしょう!

番外編

本ブログでご紹介したアクセサリー群以外に、残念ながら執筆時点で日本発売が予定されていない、オススメなアクセサリーを番外編としてご紹介しましょう。

Line Dock(クラウドファンディング)

「Line Dock」は、クラウドファンディング「Indiegogo」より登場したMacBook向けポート拡張用ドックです。

f:id:advantaged:20161128020022j:plain
f:id:advantaged:20161128020032p:plain

f:id:advantaged:20161128021645j:plain


「Line Dock」は、12インチ「MacBook」や「MacBook Pro」を乗せて使うだけで、ありとあらゆるポートを拡張し、さらにSSDの増強や充電ができてしまうという優れたドックです。詳細なスペックは以下の通り。

【拡張ポート】
  • SDカードスロット
  • HDMIポート
  • miniDisplayポート
  • USB-A 3.0ポート × 3
  • USB-Cポート × 2
  • MicroB USB3ポート

【ストレージ】256GB / 512GB / 1TB

【サイズ】

  • 12インチ: (奥行き19.65 cm x 幅28.05 cm x 高さ0.9 cm)
  • 13インチ: (奥行き21.24 cm x 幅30.41 cm x 高さ0.9 cm)
  • 15インチ: (奥行き24.07 cm x 幅34.93 cm x 高さ0.9 cm)

【重量】590g 〜 620g(上記インチにより変動)

【バッテリー容量】20,000mAh / 74Wh

【給電パワー】60W

気になる価格は、早割価格で以下の通り(1$=110円で計算)。

  • 256GBのベーシックモデル – 149$(約1万6,500円)
  • 512GBのスタンダードモデル – 239$(約2万6,500円)
  • 1TBのプロモデル – 399$(約4万4,300円)

もはやApple純正として発売されてもおかしくないクオリティですが、日本で発売されるかは未定なうえ、トンラプショックも手伝って1$=115円に突入すれば上記よりも更に値上がりするでしょうね・・・。早く発売されないかなぁ。。

f:id:advantaged:20161128021849j:plain f:id:advantaged:20161128021852j:plain

Snapnator(クラウドファンディング)

「Snapnator」は、クラウドファンディング「KickStarter」より登場したUSB-Cデバイス向けMagSafe(マグネット式コネクタ)アダプタです。

f:id:advantaged:20161128024953j:plainf:id:advantaged:20161128024956p:plain

これまでMacBook Pro / Airを使用してきた人の多くが、MagSafeの恩恵に授かってきました。2012年から発売されたMacBookシリーズが全てMagSafe2となってしまっても、ドングルを購入して、あのL字型のMagSafeを使い倒してきたマカーは数知れず居るはず

私たちは、USB-Cへの変化を受け入れる努力はできますが、MagSafeの恩恵から解き放たれる苦しみは味わいたくありません。それは誰もそう思っているはずです。

そんな中で登場したのが、USB-C端子に接続するMagSafeアダプタです。説明はもう不要でしょう。MagSage2ドングルのように、MacBook Proに差し込んでおけば、今まで通りのMagSafeのように利用できます

f:id:advantaged:20161128024554g:plain
f:id:advantaged:20161128024558g:plain

MacBook Proもアクセサリーでバッチリ!

USB-Cという馴染みのないインタフェースに不安を覚えたMacBook Pro(Late 2016)ですが、今回ご紹介したアクセサリーで、その不安はほとんど消え去ったのではないでしょうか。

まだ発売されたばかりのMacBook Proですから、USB-Cポートに接続される拡張アクセサリーは今後も更に発売されていくと思います。MacBookシリーズは1年を通してほとんど価格の変わらない電化製品として有名なので、まだMacBook Proを入手していない方は、急いでGETしちゃいましょう!私もTouch Barをお触りするのが非常に楽しみです!!

MacBook Pro(Late 2016) 13インチ Touch Bar搭載モデル

 

MacBook Pro(Late 2016) 13インチ Touch Bar非搭載モデル